偶像適塾

大阪大学のアイマスサークルです。週1以上の投稿を目標に更新していく予定です。

ひとりでは出来ないこと

どうも、阪マスのフルフルです。

 今回は2回生の番ということで本来一人で書かせてもらう予定でした。しかし、二日間のバンナムフェスを終えて、各々語りたいことが溢れるようにあるということで、それならばみんなで書こう!ということで皆で執筆することになりました。オタク達の魂のぶつかりがフリーダムに描かれているので温かい目で見守ってください。

バンナムフェス1日目

01.Beyond The Dream

 初っ端からSideMかよ!!と思った矢先のこれである。個人的にSideMなら開幕はReason!!かなーと思っていました。ビヨドリ、最近の曲だよなーと思っていたけど実はもうかなり前の曲なのでした。月日の経つのは早い。すっかり代表曲の風格を得ましたね。

 驚いたのがコールの声量。普段SideMのライブは女性中心で、コールも高い声がメインとなるのですが、今回は男性のクッッッソ野太い声もちゃんと聞こえました!いつもと一味違う光景に、なんだか嬉しくなりましたね。(ロタツ)

02.トレジャー・パーティー

 完全にワートレ曲やることを失念していたのでした……。イントロが流れてから、あっそうか今日ワートレもやるのか!!!!と一人だけ遅れて理解しました。

 しかしドームのセンターステージで披露されるこの曲はとても映えるのです。座り込む振り付けが印象的ですよね。これ歌ってる時毎回笑顔の濱健人が大好きです。(ロタツ)

03.永遠なる四銃士

騎士なのに客を斬りつけにくるのやめろよ

 聞き覚えのあるイントロ。Pは死ぬ。

 毎度毎度、有無を言わさない歌唱力と顔面で客をボコボコにしていきます。主人を守る騎士じゃないんかい。みんな顔が良すぎて、どの顔面を見れば良いのか分からない!という方、ご安心ください。画面四分割をご用意しました。

 3rd初披露当時、ミリオン6thと時期が近かったこともあって、「トゥインクルリズムの方が持ってる得物ゴツイじゃねーか」とネタにされたこともありましたが(まあ、魔法モノでもミリシタよりモバエムの方がちゃんと魔法少女(?)してるし……)、今回も各々が持つ剣はしっかり健在。四人で剣を掲げる、心踊る演出もちゃんと披露されました。フランスイベ、あの時大量に吸われた出国Pの財布が、今こうして剣となりドームライブとなっているのだと考えると感慨深いですね。(ロタツ)

04.Balie Apasionado

小゛松゛昌゛平゛!゛!゛!!!!!!!!!

 ずっと小松昌平の顔見てたんで記憶があんまり無いです。Ole!!(ロタツ)

05.MEET THE WORLD!

 あれっ、ここでもう締めるの?という気持ちになりましたが、歌唱後にまた後半で登場する、というアナウンスがあって一安心。

 様々な世界を旅するという歌詞は、よく考えるとこのようなごちゃ混ぜフェスとうまい具合に親和していますね。画面演出が4thのそれと同じでちょっと懐かしくなりました。(ロタツ)

06.BURN(FLOW)
07.風ノ唄(FLOW)

みんな拳を上げてください...風ノ唄✊(うろ覚え)こういう熱く語りかけてくれるMC良いですね...(るーやん)

08.INNOSENS(FLOW)
09.COLORS(FLOW)
10.WORLD END(FLOW)

ゼロ!ゼロ!ゼロ!ゼロ!

 とまあ、コードギアス枠から「COLORS」と「WORLD END」が披露されたわけですが、、、バチバチに高まりましたよね!!普段はシンデレラのライブくらいにしか行かないので、ずっと光る棒振ってるんですが、今回ばかりは素手しか勝たんって言ってずっと拳を天に突き上げてましたよ。FLOW最強!!コードギアス見てないよー、って人はぜひ見てください。ロボットアニメ兼ダークヒーローものなんでぽやしみパートがないです。あとC.C.が可愛い。
 それからギアスといえばデレステとのコラボもしてましたね。バンナムフェスでなにかするかなー、と期待はしてたのですが何もありませんでした。その辺のコラボは来年に期待しましょう。それはともかくルルーシュさん、仮面着けてないのにゼロって正体明かしちゃうのはまずくないですかね?解釈違いなんだけど。(ゆんぬ)

 FLOWはNARUTOのOPとか、何かとアニソン聴いてると聞こえてくる曲が多いですよね。個人的に好きなグループです。熱く、盛り上がれるし、楽しい。GO!!!とかHey!!!とか、すごく上がれます。アニソン縛りin幕張、行きたいな...(るーやん)

11.TAO
12.believe in you
13.Believe
14.Reason
15.Realize
16.鐘を鳴らして
17.We belong
18.できたてevo revo generetion(ニュージェネレーション)

 やはりデレパートの最初はニュージェネ!デレアニから本格的にデレに入ったので、シンデレラといえばやっぱこの三人だなぁってなっちゃいますね。スターリースカイ・ブライトでのエボレボ、デレステ始めたばかりのころを思い出すな...というか僕はエボレボをライブで聴くのは初めてか?。なんというか感慨深いです。(るーやん)

19.ドレミファクトリー(U149)

 やっぱ楽しいですねぇこの曲は。盛り上がるし、U149の子たちはほんと僕にエネルギーをくれるので好きです。というか演者さんたちほんとエネルギッシュだな。この曲は詞がすごく好きなんですよ。ぜひU149を読んで詞を感じながら聴いてほしいです。(るーやん)

20.クレイジー・クレイジー(レイジー・レイジー

 まさかレイジー・レイジーの二人がレイジー・レイジーとして曲引っ提げてフェスで歌う日が来るとは...この曲のイントロを聴くと思わず息を呑むというか...水に潜る前にすっと息を吸い込む時のような感覚になりますね。
 まずは歌いだしですが6thの時を同様二人が座って背中合わせで登場。

!!!!!!あっさむの髪!!!!!!!

 
僕はまあ割と後ろのほうだったのでほぼモニターごしに観てたんですけど...
髙野麻美さんの髪型がすごく宮本さんぽくて良かったです。(ちなみにフレちゃんの髪型はアシンメトリーマッシュレイヤーと言うらしい。僕は詳しくないので正しい情報なのかどうかわからないのですが...悲しいね。)これに関してはあっさむもブログで言及していたので是非読んでみてください。
 それからそれからレジレジの二人の衣装、ショータイム・イリュージョンだったんですよね。クレイジークレイジー初披露となったSS3Aでも二人はこの衣装だったんですよ。僕のデレ初現地のライブでもあったので当時の思い出に浸っていました。ドレミファクトリーと美に入り彩を穿つというブチあがるタイプの曲に挟まれた中でしっかり二人の空間を残していったのは素晴らしいと思います。
 ただ1つ言うとしたら、ぶっちゃけ照明に物足りなさを感じました。6thの時のことを鮮明に覚えているわけではないですしあくまで感覚的なものですが。6thの時はもっと魅せられた感じがします。
 7th名古屋公演も控えてますし、ナゴドのクレイジークレイジーが楽しみだな。 (るーやん)

21.美に入り彩を穿つ(羽衣小町)

 いつもならイントロでぶちあがるところなのですがクレクレの後だったんで若干切り替えに時間かかりましたね。にしても強い。や、強すぎ。この曲は割とSSA以降のライブでは全部聞いてるんですけど何回聴いても上がりますねぇ。やっぱ最後の恋絵巻~↑のとことか気持ちよ過ぎる。
 デレの和ロックといえば義勇忍侠花吹雪もめちゃくちゃ強いので皆さんぜひデレ7th京セラに行きましょう!生バンドの義勇忍侠花吹雪ですよ!!!ちなみに一つ言っておきますが京セラで一番伸びるのはFascinateです。覚悟しといてください。 (るーやん)

22.お願い!シンデレラ
23.Eternal Harmony(エターナルハーモニー)

 今まで何度も聞いてきた歌なのに今まで1番完成していたように感じました。なんと言ってもオリメン。千早。落ちサビで千早の声が聞こえたり仲間に囲まれて楽しそうに飛び跳ねてる千早を見るだけで泣けてきてしまいました。(なぶら)

 

 Aメロで千早が「さぁ はじめよう」と歌いだした時、えも言われぬ感情に襲われました。今までに何百回も聞いてきた通りの千早の声、そして落ちサビ。(フルフル)

 いやぁ、イントロでぶち上っちゃいました...今までミリオンの現場でも数多く歌われているとのことですがやっぱこの曲は千早の歌声があってこそだと思うんですよね。こんなこと言いつつ僕はエタハモ現地で聴くのはこれが初なんですけどね、贅沢か。それが聴けるとは...感無量です。あとコールできるか不安でしたが杞憂でしたね、体は案外覚えてるもんだ。   (るーやん)

24.HOME SWEET FRIENDSHIP(リコッタ)

リコッタがそこにいたんだ... (フルフル)

25.深層マーメイド(伊吹翼/我那覇響

    リコッタのHOME,SWEET FRIENDSHIP良かったなぁ、と落ち着いていたのも束の間。ピーガピーガガガガガガデデンってなった瞬間ア"ァ"ッてなった曲でした(瞬間?)。多分ッ"シ"ャ"ァ"ァ"ァ"ァ"って声にでてました。

 

    なんと言っても永遠に高まれました。

    落ち着くところなんてありました?深層マーメイドって1つ目のサビ入ってから激しさが落ち着くところが短いんですよね。そんなだからサビに向けての前置きとサビ終わりが合体してる感があって、体感的に本当に永遠に高まり続けるんですよね。なんて言うか切り替わりが本当に早くて、一見落ち着いているように見えても、ライブという感情が高まりやすい特殊な状況に身を置いていることもあって、心の芯の方が落ち着く暇がありませんでした。

    しかもコールとか歌ってる途中にはない(自分はいれなかった)ので、自然に注意が曲に向けられるのもあって、血液が感情に変質してました。感動ってよりかは圧倒されたってのが個人的に当てはまるような一瞬でした。

 


    それまでにやっていた765PROの曲の内容が、エタハモはみんなの感情を歌で輪を繋げて躁を奏でるって感じで、リコッタは優しい歌と軽快なテンポから感動を与えてくる感じで、この、いっぱいいっぱいになった感情が多彩な色でもって溢れ出るような感動を呼び起こしたのに対して、マーメイドは一瞬の儚い強さで感性に直に衝撃を与えに来てる感じがあってよかったです。パワーは強さを体現してくれました。

またいつか機会があればオリメンでの深層マーメイドを聞きたいです。(じょーない)

 

 この曲はそうですね...ひとまずこいつもイントロでぶちあがった。
実は僕には伊吹翼のオタクだった時代があるんですが、現在進行形で沼倉愛美さんのオタクなのでぶっちゃけぬーばっか観てました。この曲はやっぱカッコよさと色気、響と翼の声が溶け合う感じがたまらなく良い。コール、いる?オタクの入り込む余地ないよ。 (るーやん)

 聴きたかったです。(えす)

26.Beat the World!!!(菊地真/舞浜歩)

 お前を聴きに来た。
深層マーメイドが終わった時点で次がBeat the Worldってことはわかってたので、そそくさとタオル準備して拳とともに突き上げてました。
一緒にタオル回しはじめたあの瞬間超気持ちよかった。 (るーやん)

27.Flyers!!!

 普段聞けないAS込みでのオリメンが聞けるこのライブ自体が「無理だと言われてた夢」が実現した瞬間なのかも知れません。まだまだ「無理だと言われてた夢」、コレからも叶え続けていって欲しいです。(なぶら)

途中からコールどころじゃなかったです。
というのもこの曲に入る前にちょっとMCパートがあったんですけど、中村繪里子さんが「後ろの席までちゃんとみえてるからね~」って言ってくれてたんですね。別にこの一言を期待してここに来たわけではないし、なんならこのMCパートで聞くまで忘れてたけど、この一言を聞いた瞬間、俺は天海春香の、765プロのメンバーがいるライブに来ているんだという実感が強くなったというか、ほんと色々とこみあげてくるものがありました。そこからのFlyersはもう、765の面々が歌っている光景がもう...アニマス観てた頃の僕はまさか自分が天海春香が歌う瞬間を生で見ているなんて思いもしなかっただろうなあ。ともかく本当に楽しく、感動した瞬間でした。(るーやん)

28.good night(every little thing)
29.INVOKE-インヴォーク(T.M.Revolution)
30.ignited-イグナイテッド(T.M.Revolution)
31.vestige-ヴェスティージ(T.M.Revolution)
32.Meteor-ミーティア(T.M.Revolution)
33.PRIDE STARアイドルマスターSideM

 かなり意外な選曲。とはいえ五周年ということを考えればここでの披露は妥当か。5thアニバもアニサマも行っていないので、個人的には現地で聞いたのはここが初となりました。

 思い返せばここ数年のSideMは色んなことがありました。ええ、色んなことが。

 ドームを一瞬で盛り上がるパワーを秘めていることが分かりましたし、これからも様々な挑戦をしていってほしいですね。(ロタツ)

34.DRAMATIC NONFICTION(T.M.Revolution仲村宗悟)

デュュュュュュン(イントロ)

ア゛ア゛ア゛アアアアアアアア!!!!(奇声)

 ……いや、脳が理解するより先に声が出たけど、今日はドラスタ全員いなくない?だってステージには二人……二人?

西川兄貴だッッッッ!!!!!!!!!

 なんたるサプライズ。西川兄貴の圧倒的な歌唱力。そしてそれに負けまいと付いていく仲村宗悟。ああ、まさかこんな光景が見られるとは……。まさにこの光景そのものがDRAMATIC NONFICTIONですよ!!!!!

 ここでスタセレでもムンナイでもなく、ドラノンをチョイスするのが本当に“分かってる感”があって素晴らしい。少し穿ったことを言えば、ムンナイやれば否応無しに盛り上がりますもん。その上でドラノンという選曲は、二人のバックグラウンド、更にこのバンナムフェスというステージへの理解が感じられます。いやぁ、やっぱフェスってこういう狂った(褒め言葉)コラボがいきなり飛んでくるから最高ですね!!(ロタツ)

35.勇敢なるキミへ(FRAME)

 男性をSideM沼に落とすにはFRAMEで殴れば良いとはよく言いますが(諸説あり)、今回もその男性を虜にするパフォーマンスを存分に発揮してくれました。FRAMEをこの場で初めて聞いた方の感想を借りるなら、「ニチアサっぽい」。確かに。バックで戦隊が走ってる映像とロボットが合体してる映像が頭に浮かぶもん。ピースフルの方はエンディングやな!

「呼んでくれよFRAME!!」のコールは、今まで披露されたライブの中で一番大きかったように感じられました。まさに地響きを感じるほど。ああ、劇中のFRAMEのライブもこんな感じなのでしょうか……。

 余談ですが、バンナムフェス二日目で連番した方が765メインの方だったのですけど、「昨日のSideMを見てからFRAMEが気になってて……」と仰っていましたので、全力で「Swing Your Leavesを聞くように」と勧めました。どんな感想を抱くのか、今から楽しみです。ふふふ。(ロタツ)

36.バーニン・クールで輝いて(神速一魂)

 信用できるオタクからこの曲はめちゃくちゃ高まるぞ!って再三言われた曲。まーーージで高まりましたね。まずサビの全力でオイオイオイっていうところ!野郎の野太い声で全力コールしましたね。気持ち良すぎ。

 あと最後のアレ何???二人でがっちり腕組んで歌うとこ!!激アツじゃん!男の子ってこういうの好きなんでしょ?って言われた気がしましたね。好きです!!!!!(クソデカボイス)(即答)(フルフル)

37.Study Equal Magic!(S.E.M)

 ちょうど浪人生やってた時代にSideMくんのアニメがやってたんですよね。その時にS.E.M回でStudy Equal Magic!を見て勉強を頑張ろうという気持ちになりました。それからは毎日塾に行って勉強して帰ってきて夜ご飯を食べてからStudy Equal Magic!を聴いて寝るという生活を送っていました。

 Study Equal Magic!といえばその独特なダンス。最初の両腕を回すフリやサビのタケノコダンス!タケノコダンスはもう全力でやり切りましたね!男も女も関係ねえ!東京ドームの全員でのタケノコダンス楽しかったですAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA(フルフル)

38.BRAND NEW FIELD(Jupiter)

シメはやっぱりJupiterだ!!!

 Jupiterの歌唱曲はこれかアリギルかどっちだろうか?と思っていましたが、シメに持ってくるならこれしかありませんよね。

 BNFという楽曲は本当に素敵で、会場のボルテージを一瞬で最高潮にするアゲ曲でありながら、Pの涙腺という涙腺を破壊して回る泣き曲でもあります。ピアノから始まる印象的なイントロが鳴り響いた時、ドームの歓声が止まりませんでした。

 私はこの曲をライブで聞いて泣かなかった記憶が無いんですよね……。今回も案の定、ダメでした。イントロからもうダメでした。Jupiterというだけでどうしても様々な補正をかけて見てしまいがちですけど、それを抜きにしても東京ドームという場でこれを歌う意味ですよ。文脈ですよ文脈!!

 そして、寺島さん……冬馬が「東京ドームでも楽勝、だぜ!」と口にした瞬間、溢れんばかりの歓声でドームが満たされました(私はオ゛オ゛オ゛と声にならない叫びを上げて泣き崩れました)。あの瞬間、紛れもなくドームのステージには冬馬がいました。彼らなら、きっとこれからもどこへだって進んでいけるだろう。そう確信した一幕でありました。(ロタツ)

39.DRIVE A LIVE(アイドルマスターSideM
機動戦士ガンダム40周年プロジェクトについて
 

 中学生の時に限られたお小遣いをガンダムSEEDSEED DESTINYのプラモデルに費やしていたのでとても懐かしくなりました。

 アニメを見たのは10年近く前になるのですが、スクリーンではアニメの名シーンが流れていてストーリーが鮮やかに思い出されました。シン・アスカが目の前で家族を殺されてしまうシーン、ステラ・ルーシュがキラ・ヤマトに殺され瓦礫の中でシンがステラを抱えながら咽び泣くシーン………うるっと来ました。(この主人公不憫すぎやしないか?)

 戦闘シーンもフリーダムやストライクフリーダムの無双、やられたはずのアスラン・ザラインフィニットジャスティスに乗って現れるシーン………かっこいいのでめちゃくちゃ好きです。

 父親がふらっとレンタルしてきて一緒に見たアニメ、その主題歌を時が経った今たくさんのガンダムファンと共に聞けて素晴らしい時間でした。

 ガンダムファンが劇場版ガンダムSEEDへ思いを1つにした空間にボクも1人のガンダムファンとして立てたことがとても誇らしいです。実現するときをみんなで待ちましょう!!(ケツ丸)

 
1日目のミリオンライブについて

 まだボクがデレステから入った新参Pだった時に、グリマスで765MILLIONSTARS50人(当時の人数)と出会いました。全員が先輩後輩という隔たりなしに和気あいあいとどんちゃん騒ぎをしているのが好きでした。

 ソーシャルゲームに裂ける余裕が減ったためミリシタはほとんど触っていないボクにとってミリオンライブの楽曲の記憶はグリマス内の視聴ブースに集約されているのですが、その中でもとりわけ好きだったEtarnal Harmonyと深層マーメイドの2曲がいつも聞いていたオリジナルメンバーでの歌唱。

ステージにはASのメンバーも一体となった765 MILLIONSTARSとしてのパフォーマンスがありました。ボクがグリマスで遊んでいた時に感じた光景がそこにありました。

 ボクにとって初めてのミリオンライブのライブでEtarnal Harmonyで始まりFlyers!!!で終わる"765 MILLIONSTARS"を見ることが出来て幸せです。(ケツ丸・うず・しゃぶ)

 

1日目について

 

 1日目はテイルズシリーズ、コードギアスガンダムSEEDシリーズ、そしてアイドルマスターからはミリオンライブ、シンデレラガールズSideMが出演していました。

 このアイドルマスター3作品はアニメや映画で同じ世界というのが至る所で提示されていること(ミリオンライブは映画でASのバックダンサーだった子たちが成長したり新たなメンバーが加わった765プロと解釈)は有名ですが、この1日目はそういった世界のライブを感じさせるものでした。MCでの私たち(AS)も含めて765 MILLIONSTARSという趣旨の発言もこの文脈で捉えるとまた違った見方ができるのでないでしょうか?春香と冬馬のコラボやJupiterAlice or Guiltyを期待する声もありましたが、ボクは今回のセトリはこれで完成していると思います。

 2人がそれぞれの場所で活躍し得た新たな仲間たちとのステージ、リコッタのHOME,SWEET FRIENDSHIP765 MILLIONSTARSFlyers!!!315プロのJupiterとしてBRAND NEW FIELD、そして315プロのDRIVE A LIVE、これが冬馬たちが自分たちの力を信じてくれる場所で一からやり直した世界・春香たちが仲間と目指した輝きの向こう側の世界なのかもしれませんね。

 すっかりシンデレラのことについて話すのを忘れしまっていましたが、シンデレラもアニメでのニュージェネのデビュー曲できたてEvo! Revo! Generation!で始まり全体曲はお願いシンデレラとアニメを感じさせる曲に挟まれて醍醐味である個性が溢れる楽曲たち(U149は厳密に346プロとパラレル)にアニメ以降の発展を体感できました。

 作品後の1つの作品としてこういう形もあるのかと納得したライブでした。(ケツ丸・うず・しゃぶ)

 

バンナムフェス2日目 

01.READY!!(アイドルマスター765PRO ALLSTARS

 DAY1が終わって僕のバンナムフェスへの期待は爆上がりしてましてね...
アーティスト紹介が始まり、オタクの声援ととも次々と出演者が発表されていきます。そしてスクリーンには"Are you ready?"の文字、ここからこの曲がかかるのやばすぎた。もう何回聴いたかわかんないです、まさか本当にこの曲が聴ける日が来るとは。正直、この高揚感を超える瞬間はもうないんじゃないかとまで思いました。大好きな曲です!  (るーやん)

02.Star!!アイドルマスターシンデレラーガールズ)
READY!!→Star!!

 バンナムフェスの2日目はまだ1日目の興奮が冷めず、4万7千の期待が会場に溢れている中スタートしました。1日目のセトリでだいたい分かってはいましたがASからのスタート。READY!!はまだ1曲目だというのに会場の熱気、コールの声量は凄まじいものでした。これがアイドルマスターを引っ張ってきたASなんだ、そして彼女らはこれからもアイドルマスターを引っ張っていく、そう思わされました。

 READY!!も終わり、昨日のセトリと同じ感じで2曲目もASが歌うんだろうなと思っていたら次に流れたのはStar!!  これはボクが追い求めていたものそのもので、感極まって声が出せなくてコールができないくらいに初めてライブで泣いてしまいました。

 

と言うのも、以前マス研の1.2回生交流会と題して開催されたMOIW2015鑑賞会。

 

 事務所の垣根を超えてひとつになったアイドルたちのパフォーマンス、そしてアイドルマスターというコンテンツにおけるASの存在の大きさ。当時このライブに参加していなかったボクはMOIW2015の幻想を追い求め、この鑑賞会をきっかけにアソビストアに入会しバンナムフェスの会員限定通し4連番に申し込みました。(この通し4連番が当選し、一緒に鑑賞会をしたメンバーらと今回のバンナムフェスに参加できたのは何かのご縁かもしれないですね。)

 

 このような経緯があってバンナムフェスに参加したボクにとってREADY!!からのStar!!は特別なものでした。感動しても泣けない人間なのでライブで泣くのは今回だけかもしれませんが、そんな人間でも堪えきれず涙が出てしまうステージでした。(ケツ丸・うず・しゃぶ)

03.Welcome!!(アイドルマスターミリオンライブ!ミリオンスターズ)
 僕は1日目は別件で名古屋にいたのでセトリだけ見て「おっ、まっすぐなセトリやん、これ明日期待やな~でもまだわからんな~」って言ってて且つ上の二曲を経た後もまだJの者を信用していなかったのでThank youかDreamingでしょwてヘラヘラしてたらイントロの瞬間後ろのオタクたちと肩組んでワッショイしてました。まだ信じられない。生きてるうちに聴くことができてメチャクチャ嬉しかったです。
 最短でも7thかなと思ってたのでまさかここで回収できるとは!来年は富士急でJumpしような!!ミリPとして生まれたときからWelcome!!クソコールで育ってきましたが、真の高まりの前では灰塵と帰す。1,2,3,4せーのでジャンプ!‼超超超楽しかった!!!ここだけでも価値がどこにも劣らない最高のセトリでした。てかこの三曲の並び、もしかしてミリオンアニメ化したらopはWelcome!!ですか???(えす)
 
 開幕からここまでで一生Jの者についていこうと思いました。(るーやん)
04.ダイヤモンドハッピーアイカツ!』シリーズ

 全オタク聴いたことあるアンセム。2代目opですね。実はUO折った回数一番多かった曲でした。これ聴けたらめちゃくちゃ高まるし、やってほしい曲リストのひとつでしたが、まさか初っ端からやってくれると思わなくて気付いたら手に持ってたUO折れてました。サビの途中でクラップ入るの楽しすぎる!誰もが知るアンセムで始まるのがどれだけ天才か。ここでグッとアイカツ!ゾーンに惹き込まれましたね。(えす)

05.輝きのエチュード

 劇場版の曲。アイカツ前半ゾーンで唯一予習が追い付いていなかった曲でしたが、いざ聴いてみると「いやめっちゃ良い曲やん…」て思いながらずっと聴いてました。フェスでバラード…?と最初は思いましたがどっかのツイートで回ってきた「アイマスでいうところの『私たちはずっと…でしょう?』ですよ」っていうのを見て納得しました。そりゃエモいわ。アイカツの魅力を余すことなくぶつけてくれるバンナムフェスが大好きです。(えす)

06.START DASH SENSATION

俺はこれを聴きに来たんだ!‼‼‼‼‼‼‼‼

となりました。今のところアイカツで一番好きな曲なので。ちなみに7代目op。イントロのピアノでぶっ飛びました。後ろの映像、とてもエモいもの。早くアニメを観て真に理解を得たいものです。170話らしいので頑張って追いつきます。(えす)

07.MUSIC of DREAM!!!

 アイカツスターズからの曲。悲しいかな僕には知識が足りないのであまり語れませんが漠然とサビの曲調が好きで聴きたいなと思っていた曲なので嬉しかったです。(えす)

08.SHINING LINE*

 4代目op。当日の朝ガストで予習してて聴きたいな~って思ってた曲ほとんど回収できるライブ、マジで何?聴きたい曲全部聴けるバンナムフェスが大好きです。(2回目)(えす)

09.ワンダーモモ桃井はるこ
10.ワンダーモモーイ桃井はるこ
11.バレンタイン(桃井はるこ/長谷川明子/仁後真耶子

 隣のオタクがワンダーモモ終わった後「いやバレンタイン来るよ」とか言ってて何言ってんだコイツ?みたいな顔して横向いてたらイントロで首捥げましたね。いや3rdのミリオンのカバーしかライブ映像知らんので素でもーちょ!言うてしまった。いや麻倉ももさん今日いません。

  あっきー!は言えたけど仁後ちゃんのとこなんて言ったらええんか分からんから後半ずっとフッフー!でごまかしてた。イントロで顔ヤバくなるの楽しすぎるしこういうの今後もいっぱいやってほしいですね。(えす)

12.ヒカリのdestination(イルミネーションスターズ)

 イントロから涙腺に来てました。僕はシャニマスでは櫻木真乃担当(最近イルミネ箱推しになりつつある)なのですが、スカウトした時はあんなにも自分に自信がなかった真乃が、仲間に出会い絆を深め、苦難や失敗を乗り越えて東京ドームなんて広大なステージであんなにも自信に満ちた歌声を届けてくれたと勝手に妄想してしまい涙が止まらなかったです。自分はA3ブロックだったのでステージ袖のようなアングルだったのもプロデューサーの顔つきになってしまった原因な気はします。

 真乃、灯織、めぐるの3人のもつ魅力は「全てを照らす光」となってドーム中に届いたことでしょう。

 シャニマスまだプレイしてない方は是非イベント「Catch the shinytail」のコミュだけでも見てイルミネにハマってください。(なぶら)

13.ØωØver!!/*(Asterisk)
 アイドルマスターシンデレラガールズに本格的にハマったきっかけの曲です。初めて聴けるのが本当に楽しみで、聴けたときどうなるんだろってなってました。

 

 こうなりました。ニャア!!!!!ニャア!!!!!イントロいきなり流れる形式ほんま好きすぎます。両端からなつ姉と瑠璃子さん現れた時の記憶無い……あまりにも泣きすぎて顔上げると二人の姿視界に入ってその度にボロッボロになって膝ついてしまった……。間奏で向かい合ってエアギターやってるのマジでみく&りーなやん!!!!!!!てなっててひたすらニコニコしてました。
 帰宅して即デレアニ11話「Can you hear my voice from the heart?」観返して、大好きの気持ちが溢れてきましたね。*、最高に可愛いロックユニットです。何がロックかですか?それはアニメを観て感じてください。自分がロックだと思ったものがロックです。この目で見て、この耳で聴くことができて本当によかったです。デレ大阪でもワンチャン聴けるかもしれんし期待しとこうと思います。(えす)
14.アルストロメリアアルストロメリア

いい匂いがしました(フルフル)

15.咲くは浮世の君花火(閃光★HANABI団)
 正直ミリオンで聴きまくってたので優先度は低かった。いや東京ドームで叫ぶFireflower最強か??????手のひらクルックルでした。迫りくるデレミリシャニの供給の波に溺れてましたね。(えす)
16.LEADER!!(765PRO ALLSTARS

 これからも一緒に走り続けたいと思いました。(るーやん)

17.Strawberry Trapper(Guilty Kiss)

「Ready?」

ああああ、俺の唯一知ってる曲じゃん!!

ギルキスの中でこれしか知らんかった、さすがに高まりまくった。これ強すぎんよお化けお化け。隣の席空いててよかった。たぶんいたらぼこぼこにしちゃうぐらいヘドバンしちゃった。何ならもう一回聞きたいよな。(ノフ)

18.Guilty Night, Guilty Kiss!(Guilty Kiss)
19.Guilty Eyes Fever(Guilty Kiss)

 これだけ聴いていきゃいいよ。byオタク(えす)

20.コワレヤスキ(Guilty Kiss)
21.Shadow gate to love(Guilty Kiss)

 これやらんでええとか言ってたけど他ほぼ全曲やって新曲初披露回収できたし許す!つって腕組んでた。たのしい。(えす)

22.New Romantic Sailors(Guilty Kiss)

全体として

「この曲、知らないンゴねぇぇぇぇぇぇ!高まっちゃったなぁ~

になりました。曲知らんくせに「高まっちゃったなぁ~」って言ってました。ギルキスさんマジですごいよ。まじMVPレベルですごかったです。今まで「いや、大したことないやろw」って少し舐めてました、ごめんなさい🙇。ばちくそ楽しかったです。(ノフ)


 曲にまで踏み込んで感想をかけなさそうなので全体の感想を書かせていただきます
いやとんでもないユニットでしたね...正直フェスの前まではなんでサンシャインから1ユニットだけなの、さすがにアウェイじゃないか。なんて思ってました。愚かだったな。ラブライブサンシャインに関してはアニメを一通り見た程度でGuilty Kissも少し曲を聴いたことがあるくらいでした。にも関わらずあの強さ、存在感。単純に曲の強さとパフォーマンスの高さに引き付けられました...しかも何曲歌うんだよこいつら...(良い意味で)次にユニット持ってくるとしたらどのへんかなぁとか少し考えてたんですけど一向に掃ける気配がない。激しい曲に激しめの振りなのに休むことなく歌うし、俺が休憩ほしいくらいなんでけど...
 個人的に一番記憶に残ってるのはたのはGuilty Night,Guilty Kissでしたね。良かった。というかコワレヤスキとかStrawBerry Trapperとか高まりすぎて記憶ないからかもしれないですが。サンシャインの他のユニットにも触れてみたいなと思いました。(るーやん)

23.夢咲きAfter school(放課後クライマックスガールズ)
 いや~ギルキス新曲初回収ウメ~~とか言ってたら。 
ドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥエビバディレツゴー!!!!!!!!!
 
 山火事。1st、LVで聴いてからずっと現地行けなかったの後悔した曲のうちのひとつ。放課後クライマックスガールズの代名詞とも言える曲です。この曲を初めて聴いたとき、センターとしてユニットを率いていく小宮果穂ちゃんに惹かれて担当になりました。
 ほんっっっとうに仲良さそうに歌うんですよ、Viva after school yeah yeah~で身体が勝手に動くほどに楽しさが伝わってきて本当に楽しかった!放クラトレインといい腕上下の振りといいこの曲は振り付けがひたすら楽しい!「世界最上最愛掴みたい」で何かを掴むように手を掲げる振りも好き!これ聴いてるとお顔が緩んで笑顔になってしまうと思います。放クラは世界平和。
 1stのときもそうでしたが果穂担当Pたちが「一番のなんばーわん!は静かにしててや!」って言ってたのがまさかフェスでも通用するとは。オタク皆なんばーわん!聴いてて感動してしまいました。そのおかげで二番は思いっきりせーの!な"ん"ば"ー"わ"ん"っ!ができたのでめちゃくちゃ満足してます。
 あと樹里夏葉が背中合わせにスクリーンぶち抜かれたとき失神しそうになりました。流石に運営がゴリ押ししすぎて斜に構えた(構えてない)僕はなつかほ派閥なんですが流石にエモかった、今回のカメラマンさん有能過ぎる。オタク叫びすぎてドーム揺れてましたね……ちょこ先輩もひたすらニコニコで可愛い!凛世の張り切って!さいっっっっっっっこうですわ…
 放クラはすべての曲がエモを感じて盛り上がれる曲で演者と僕たちがライブで作り上げることができるのでとても楽しいです。
 そういえばFR@GMENT WINGのB面が回収できるイベントがあるらしいですね???僕は知りませんが…Transcending The World…(´;ω;`)…絶対に2ndに行こうな!!!あとPカップお疲れ様でした!バンナムフェスと被せんじゃねえ!(えす)
 追記:スプリングパーティと2ndの情報が解禁となりました。FWのB面、ここしかない。絶対に行きます。チケください(迫真)
24.あんきら!?狂騒曲(HappyHappyTwin)

 なんか最近いっぱい聞いてる気がする。聞くたびに好きになってる気がするな。ヒゲドライバーさんはほんと良い曲作るな...個人的にこの放クラ、あんきら、4ラグからジブリの流れが一番天才的だったと思います。そんでもってコールアンドレスポンスでアイカツ!とかラブライブ!とか、バンナムフェスだからできることだなって思いました。楽しかった。アイドルコンテンツ大好きオタクだから、もっと軽率にアイドルフェスやってほしい。(るーやん)

25.花ざかりWeekend✿(4Luxury)

 何回聴いても楽しい曲だなぁと改めて感じました。今回もまた麗花magicが進化してて圧巻されました。東京ドーム全体をVo力で魅了してくれたと思ってます。本当いい歌だなぁ…。

 今までかなりの頻度で披露されてきたこの曲もしばらく聞けなくなるとなると寂しいですね…

自分の担当(馬場このみ)にこんなにもセクシーでアダルティな曲をくれて本当にありがとうございました。またどこかで4luxuryが見たいです。(なぶら)

26.自分REST@RT(アイドルマスター765PRO ALLSTARS

 アニマスにハマってから何度も何度も見返した13話のジブリのシーン。高校時代の電車での移動中、寝るとき、そして朝のアラームもずーーーーっと聞き続けたジブリを聴けた!オレンジ色に染まる東京ドーム。聞きなれたコール。オタク達の声。まるで夢の中にいるよう。普段あまりUOを折らないんだけどこの時はもうポキポキーと折りまくっちゃいました。

 2番サビの「限りなく広いアリーナで歌声が高く遠く響く」の歌詞!東京ドームですよ!東京ドーム!席が会場全体を見渡せる場所だったので本当にこの歌詞が刺さりました。(フルフル)

 好きです。モニターがTHE iDOL M@STERとだけ映してたんですけど、この曲ではそれだけで十分だし、それがいいんだなと思いました。アニマスで何回も観た振り付け(観すぎてちょっと踊れるらしい)を観れて流石にちょっと泣きそうだった。あと間奏部分の円陣もやばかった。これが思い出ボムってやつか...泣きそう。一番会場も沸いてた気がするし、アニマス観てないオタクはぜひ観てほしいです。デレミリMシャニといろいろ展開してるなかで、今でも色褪せることなく輝いているアイマスの原点を感じた瞬間でした。(るーやん)

27.微熱S.O.S!!橋本みゆき
28.残酷よ希望となれ(結城アイラ

 キャスト発表されたときに、ゼノマスから橋本みゆき結城アイラ来るってなっておったまげました。お二方とも歌唱力がやべぇ。特に「微熱S.O.S」は何といっても始めの「S.O.S…」の入りが最高なんですよね。あそこで完全にスイッチはいる感じで。前の席に座ってたおじさんと一緒に「うおおおおお」って叫んでました。アニマスとはシナリオの毛色が違ったり、中の声優さんが違ったりで、アイマス黒歴史として腫れもの扱いされることの多いゼノマスですが、こうして曲が披露されてコンテンツとして残っていけるのはいいことですね。(ゆんぬ)

29.ひとりじゃない(アイカツフレンズ!
30.窓-ココロ-ひらこう
31.セカイは廻る
32.君のEntrance(アイカツオンパレード!)

 今やってる最新シリーズ「アイカツオンパレード!」で主人公・姫石らきが1話で歌唱した曲。フル聴けると思ってたら聴けませんでした、残念。僕が初めて視聴したアイカツなんですが、「主人公の言動、流石にヤバくね?」と思いながら見てました。アイカツのオタクが生み出した名言「姫石らきを甘やかすな」「頑張っちゃお、じゃねえんだよ、人生もっと厳しいんだよ」で一生笑ってられる。ちょっとずつアイカツ観ていきたいですね。(えす)

33.アイドル活動!オンパレードVer.

あーいーどーるーーかーつーどーおーー

 流石にアイカツ観てなくても知ってる。無印1話で主人公・星宮いちごちゃんがいきなりぶっつけで歌った曲ですね。後ろのオタクが思いっきりコール間違えてくれたおかげであんま正しいコール分かんなくても楽しめました。ありがとうございます。オンパレードでも思ったんですけどいきなりオーディションやら行って歌えるのヤバくないか?不思議な世界です。(えす)

 最後に、https://famiellie.wordpress.com/2019/10/06/876fesaikatsu/ このまとめを作成してくださったオタクさんありがとうございました。マジでほとんど歌われててオタクすげえってなりました。

34.Tulip(LiPPS)

 まじで、あれなんですか?あのLiPPSは俺の夢ですか?イントロ以外記憶ほぼ無いんですけど。

 普通に考えてあそこはアンティーカ来ると思うじゃないですか、なんでLiPPSがこのブロックだけ最初に来た?最初の方に、MCのどちらだったかは忘れたけど、「油断しないでくださいねー」みたいな事言ってたじゃないですか。いつ来ても良いよう、個人的にはちゃんと身構えてたはずなんですよ。でもあれだけシャニ→デレorミリの流れ作っておいて、唐突にTulipからブロック始めるのヤバすぎでしょ。JUNGOがこれを狙い作って、オタクの無意識から殴り倒せるようにしたんだとしたら、JUNGOはマジ神。いや、まんまと油断してしまいましたよ。いつもよく聞いていたあの大好きなイントロに殴り倒されましたよ。

 曲の話に入りたいんですけど断片的にしか覚えてないんであんまり話せないんですよねー。基本的にずっと頭を抱えてたらしいです(連番者の∇談)。だから自分の中ではこんな感じで見えてた気がするんだよ!っていう話をします。

 やっぱり特筆すべきはデレステMVの振り付けとの合致率ですよね!高くなかった?俺的にはめっちゃ高かった!この時、東京ドームのセンターステージで踊り歌っているLiPPSの声優陣の方々全員が、LiPPSそのものだったじゃないですか。かっこいいし綺麗だし、凄すぎません?

「なんだよ、本物のLiPPSはここにいるじゃねぇか、これが本物なんだなぁ」

なんていう認識を当然の如くしてしまっていたわけですよ!これを生で見れただけで本当に感涙ですよ!しかもこれが初めて生で聞くTulipなんですよ、もう堪らん。

 誰か俺をバンナムフェスの時間軸に戻してくれ!

 歌も上手いしさぁ、ホントこれだけで俺は幸せ者なはずなんですよね。でもね、まだ俺を幸せにしてくれた事があるんですよ。速水奏が堂々とセンターに立っていたんですよ!自分の担当が東京ドームのセンターステージにいる訳で、その上さらにユニットのセンターにいるんですよ?今思っても泣けるし、なんならもう死んでもいいですよ。

 基本的に「俺はプロデューサーじゃねぇ!ファンなんだよ!」っていうスタンスで動いてるんですけど、この時ばかりは「いや、マジでそこまで登り詰めてくれたんだな。感謝しかねぇよ」みたいな感じでファンじゃなくてプロデューサーの顔付きになってしまいましたよ。プロデューサーの顔付きになったにも関わらず「速水奏、大好きだなぁ」とか若干ガチ恋勢の機運が高まってきてるんですよ。今後自己矛盾引き起こして楽しいことになりそうですねーwww

 何はともあれ、LiPPSのステージが何事もなく綺麗に終わったことが、とにかく1番嬉しいです。あの時、俺にとってはステージ上のLiPPSと観客としての俺以外は、東京ドームに存在してなかったんですよ。俺にはLiPPSの踊りしか見えなかったし、LiPPSの歌しか聞こえなかった。それぐらい夢中になってたんだなぁと思います。多分速水奏だけじゃなくてLiPPS全体に対して魅了されてるんだろうなぁととても思いました。本当に幸せなひと時でしたよ...。

 これだけ良い体験をしたにもかかわらず、俺はまだ満足できてないんですよね。次はフレグランスオブナイトの衣装を着てやって欲しい!個別とか全体衣装も良いけどやっぱりユニットの衣装でやるとガチの理論値出ると思ってるんです。マジのTulip専用衣装、生で見たくないですか?俺は死ぬほど見たいよ。でも個別衣装のTulipも生で見たことは無いんですよ。6thのメラド2日目のやつは本当に強いの知ってるんで(LVと円盤で見た)個別衣装も見たいよなぁー!いやぁこの2つを現地で見るまで死ぬことできねぇよな!これからがとても楽しみになりますね。また見ることができる時が来たら、その時こそはしっかりと自分の目と耳に全てを焼き付けたいですね!

 本当に最高に綺麗で、美しくて、魅力的、これだけでは言い表せないぐらい最高のステージを見せてくれてありがとう!(ノフ)

35.バベルシティ・グレイス(アンティーカ)

 燃え上がる!!!マジでイグナイトしてるじゃん!!!高まりの上限を知らない会場!!!開幕からオタク達の怒号(コール)が飛び交う!!シャニマスちゃんはあんまり知名度ないのかな~とか思いながら会場来ましたけどいやそんなことなかったね。知ってるオタクは全力でコールするし知らないオタクも負けじと全力でコールする。会場中の全員に深くシャニマスちゃんが刻まれたことでしょう。東京ドームに響き渡る最後の「アンティーーーーカ!!!!!!!!!!!

くう~~~~~~痺れたね~~鳥肌(フルフル)

 

36.ハーモニクスD/Zeal

 ジュリア好きだな。やっぱジュリアはかっこいいのが好きだなあ。(ジュリアのファン)

37.Wandering Dream Chaser(ストレイライト)
 シャイニーカラーズからやってきた魂から震え上がらせる最強曲。ストレイライト、シャイニーカラーズの中では一番新人らしいですね。マジで意味わからん。サマパ、最高のライブでした。バンナムフェスで彼女たちの曲を初めて生で浴びることができた人たちをとても羨ましく思います。
 イントロからとんでもなくぶち上がることができ、「Going my ray!」「Dash!」等の掛け合いも熱く、そしてサビ前の-諦めない、絶対-を生身で浴びて感情を揺さぶられない人はいなかったでしょう。演出のビームも赤・緑・紫でめっちゃ綺麗でした。シャニ1stライブで追加ユニットが発表されて初めて聴いたときうわああああああああああて素でなっちゃって……収拾がつきませんでした。
 僕が一番好きなパートは落ちサビの黛冬優子の「高く高い壁だって」ですね、絶妙な音程と透き通る綺麗な声がとても好きです。あとは二番サビ終わりの「We just trying 変えていく変わってく」、ここを"ふゆ"が歌う意味をシャニマスを是非プレイして知って欲しいです。この歌詞にストレイライトというユニットにおいて芹沢あさひ、和泉愛依という存在に影響される彼女が詰まってます。f:id:handai_imas:20191023030203p:plain
 この「Straylight.run()」というコミュは是非読んでみてほしいです。一か月くらいやったらアルバムの鍵8個くらい簡単に集まると思うので。シャニマスはとにかくコミュが洗練されていて魅力的なものばかりですのでシャニマス知らないヨ~って人でも楽しめると思います。では気になったそこのあなた、シャニ2ndライブで会いましょう!!(えす)
 
 演者さんたちが出てくるとき、ベルト?が蛍光色に光ってたんですけど。震えましたね。(るーやん)
38.∀NSWER(individuals)

 この曲を聴きに僕のアイドルマスター初現地ことシンデレラ6thライブ名古屋二日目に急遽乗り込んだのがもう一年前ですか、懐かしい。本当にチケ融通してくれた方には頭上がりません。ミリオンですら未だにあの日の感動を超えられていないし∀NSWERにはそれだけ影響力がありました。再びあの∀NSWERが聴けるから、というのが今回バンナムフェスに行こうと決めた理由の大半でした。

 今回はステージの都合上、ナゴドのように∀の形のように3人が落ちサビで歩む、という陣形にはなりませんでしたがちゃんと∀のUO折ってカメラがそれを抜く、そしてみんな真似するという完璧な構図を観測できたのでよかったです。

 

 早坂美玲がセンターで踊り歌うという光景がエモすぎて泣き崩れた名古屋でしたが今回はまだとどまって観ることができた、とは思います。連番者がインディヴィPだったのでとんでもないヘドバンしてて震えてました。マジでロックだ…。何回でも観たいし早く円盤出してほしいですね。これからもっと彼女には歌を歌ってほしいです。ところで早坂美玲のソロはまだですか?デレ大阪まであと3か月ですね(ニッコリ(えす)

39.FairyTaleじゃいられない(今井麻美/田所あずさ/結城アイラ

   イントロを聞いて何が何だか分からなくなった曲でした。

   正直ミリオン枠としてはD/zealと4Luxuryと閃光★HANABI団とあとは全体曲だけだと思っていたので全く予想してませんでした。

   ころあずはもちろんとしてミンゴスも歌ってくれてる!一応フェアリースターズの曲とはいえ、ミリシタでも13人ライブまででASが入ることはなかったので、ASのメンバーが参加してくれてるってことが本当にエモでした。その後、歌ってる人の名前が表示された時、結城アイラの文字があって、え、この人も歌ってくれるんだ!ってなりました。

   終わったあとに知ったんですけど結城アイラさんって結構アイマスの曲書いてるんですね。

   この曲は語るまでもなくぶち上がれました。やはり普段では実現出来ないようなことを、「夢を夢で終わらせない」のが、Fairly Tailじゃいられないという曲である、ということを、バンナムフェスだからこそできたと感動してました。(じょーない)

40.ToP!!!!!!!!!!!!!(アイドルマスター765PRO ALLSTARS
41.Spread the Wings!!(アイドルマスター シャイニーカラーズ

 1stのときコール難易度Aとか書いてたくせにムズすぎワロタ!wとか言ってた。サビの振付すこマン。これからのシャニマスの夢を魅せてくれる曲だと思います。(えす)

42.UNION!!(アイドルマスター ミリオンライブ! ミリオンスターズ)
 いやイントロの瞬間えぇ……てなったけどやっぱ大好きなんですよね。オタクの掛け合いの声がやっぱり好きだ。(えす)
43.GOIN!!!(アイドルマスター シンデレラガールズ
 デレ6th名古屋day2でもやったのを思い出してエモくなっちゃった。流石にコールは履修できていたので楽しかったです。(えす)
44.The world is all one!!アイドルマスター765PRO ALLSTARS

 なるほどな~~~~~~~って永遠に言ってました。キラメキラリとか歌マスとかマスピとかやりそうな曲としては色々予想していましたが、どれも「バンナムフェス」の〆としてはなんか違うな~と思っていました。しかし、よくよく考えなおしてみるとこの曲以上の最適解が見つからなかったです。「ひとりでは 出来ないこと 仲間となら出来ること」この歌詞がまさに今回のバンナムフェスにピッタリでした。普段は対立することの多い巨大コンテンツのアイマスラブライブ!アイカツ等々。それぞれのコンテンツを見に来たファンが別のコンテンツにも興味を持つようになる。そんな素晴らしいイベントだったと思いました。

 今回はその全てに感謝をこめて記事のタイトルを「ひとりでは出来ないこと」とさせていただきました。

 そして、来年もまたこの素晴らしいイベントが同じく東京ドームで開催されることが決定しました!皆さんまた来年東京ドームでお会いしましょう!! (フルフル)

 

 

2日目まとめ

 1日目が同じ世界であることが明らかになっているアイマス3作品のその後というifなら2日目はアイマスラブライブ!アイカツ!が同じ世界のアイドルたちというifのライブでした。そっちの世界ではフェスだけではなく歌番組、紅白歌合戦などでもこういったセトリが聴けるのかもしれませんね。難しいことに版権という壁もありますが(今回のライブを成功させてくれたバンダイナムコ、その他関係者に感謝してもしきれないです)2次元アイドル戦国時代とも言うべきたくさんのアイドルが存在する今、数多のアイドルのコンテンツを超えたライブ見てみたいです。

 また1日目の天道輝と西川兄貴のコラボレーションで2次元アイドルと3次元歌手・アイドルとの可能性も感じました。アイマスの発展に留まらず、他のコンテンツともに2次元アイドルという業界がどんどん盛り上がって欲しい!!!(ケツ丸・うず・しゃぶ)

 何度も見返すけど、ほんと神のセトリですね。
 まず最初にMCであった通りアイドルフェスというテーマ、どのユニットが出てくるかわからないってやつが正解過ぎた。イントロで殴られるの楽しいし、やっぱコンテンツで仕切られるよりも「アイドルがユニットとしてフェスに出ている」という感覚が増すんですよね。マジで楽しかった。もっとやろうよアイドルフェスティバル。来年も楽しみです。それからMOIWへの期待が高くなりましたね。今回はその片鱗に触れたというか、MOIWはこれがずっと続くのかよ。マジ墓場じゃんっていう。ギルキスとかいう馬鹿強いユニットも知れたし、あとはとりあえず途中で止まってるアイカツも観よう。

 でもやっぱり今回一番の思い出はASですね。READY!!とか自分REST@RTとか聴けちゃったし他にも色んな曲歌ってるとこと見たいし、やっぱアイマス好きだなあとわからされました。正直言ってしまえばASはこれからの供給があるのかはわからないし、765ASとしてライブなどに出る期間ももうあまり長くないんじゃないかと思います。(もちろんライブがすべてではないですが)だからこそ、その中でも再び動き出そうとしている彼女たちを最後まで見届けたいと思いました。それでは、来年のバンナムフェスでまたお会いしましょう!(るーやん)f:id:handai_imas:20191107011035j:image